台湾旅①

17ヶ国目?の台湾へ向けて出発!
1人海外旅は6、7年ぶりくらいなので少し緊張。
(着いてしまえば何てことなかったけど)
福岡空港から海外も初めて。
こんなに国際線近くて福岡の人が羨ましい。

d0255750_13484384.jpg
エバー航空。やったキティちゃん!
d0255750_13485487.jpg
そんなにキティちゃんが好きって訳じゃないけど…
どちらかと言うとキキララ派だった。
けどテンション上がる。(笑)

d0255750_13490303.jpg
隣はだれも来ず広々として良かった。
機内食もまずまず。
「君の名は」を遅ればせながら鑑賞。
アニメで感動しない私はもうおばちゃんなんだろう。
(絵はキレイだった)

あっという間に台北 桃園国際空港へ。ターミナル2。
こじんまりとした空港で迷う事はない。両替を取りあえず20000円分。

税関を出た所のカウンターで悠遊カード(easy card)を購入しようと
したが「Sold out」と言われてしまう。
空港なのにもう少し準備しとけばいいのに…。と思いながらバス乗り場へ。
MRT(地下鉄)が桃園国際空港と台北車站の間で開通予定らしいが2017年1月現在
では まだ開通してなかった。(地球の歩き方には2016年開通予定とあるので
ノビノビになっているみたい)
1819番の台北車站行き国光客運のバスで街中まで。(片道125元)
電光掲示板でバス停名がでるので下りる停留所が表示されたら
頭上にボタンがあるので鳴らす。
私は台北車站1つ手前の國賓飯店(The Ambasador)で下車。

少し逆方向に進んだがすぐに気が付き無事にホテル「VIA HOTEL LOFT」へ到着。
入口はマンションのようだが看板がでている建物の2階へ行くとフロントがある。
フロントのお姉さんに英語で話しプリントしたものを渡すと日本語で返ってきた。
日本語通じます。(笑)

d0255750_13491225.jpg


d0255750_13492577.jpg


d0255750_13493321.jpg
シャワーのみだけど広めでいい感じ。
口コミだと窓なしシングルもあるが狭く閉塞感があるとの事で
窓ありダブルルームを予約した。正解。
リノベーションだから仕方ないけど上の階の水回りの音は少し気になる。
寝れる範囲なので大丈夫だけど。

16時位になってしまったので早速街あるきへ。
お目当ての豆花の屋台が見当たらずおなか減っていたので
通り沿いの人がそこそこ入っている老舗らしいお店へ。
「古早味豆花」

d0255750_13494257.jpg
温かい小豆のオーソドックスな豆花にした。40元
豆腐は美味しかった。

乾物や布、伝統菓子の商店やリノベーションしたオシャレカフェが
軒を連ねる迪化街へ。
d0255750_13495168.jpg


d0255750_13495954.jpg
佇まいが美味しそうなお店発見!
覗いてみると杏仁豆腐のお店らしい。
d0255750_13500939.jpg
お店の若い子も日本語をしゃべってくれた。(みんなすごいなぁ)
d0255750_13501884.jpg

冷たい杏仁豆腐を注文。55元
d0255750_13502949.jpg
杏仁のしっかりした味が美味しかった~。
持ち帰りのお客さんも次々来店していた。
帰国後調べたら「夏樹甜品」というお店らしい。
オススメ。

d0255750_13503953.jpg



d0255750_13504769.jpg


d0255750_13505629.jpg
新旧mix感がいい感じ。

台湾のマンホールほのぼの系。
d0255750_13510570.jpg
このあたりトイレに困って人に聞いたら
永楽市場を教えてもらった。
トイレの紙問題(台湾は流せず便器の横のごみ箱へ捨てる)
も慣れたら大丈夫。

夕飯は「意麺王」というお店に。
乾麺という汁無麺が有名らしい。
メニューに日本語がなくお店のお兄さんが決めてくれた。(笑)
日本人はこれ頼むよ的な?
d0255750_13511753.jpg
乾麺、ワンタンスープ、青菜炒め。95元
パーフェクトな献立。
こちらの人は晩酌はあまりしないが汁ものは必ず一緒に頼むらしい。
全体的に優しい味。人気店のようだ。

帰り路に寧夏夜市をのぞいてホテルへ戻った。
d0255750_13512766.jpg


d0255750_13515582.jpg


d0255750_13514584.jpg
平日だけど賑わってるコンパクト夜市。





















[PR]
by umenaoyuki | 2017-01-17 15:28 | 旅*台湾 | Comments(0)

ケッコンして岐阜1年間→現在広島。のほほん記録。


by umenao