カテゴリ:旅(おでかけ)( 37 )

ご当地グルメ 呉冷麺

呉冷麺は呉市のご当地グルメで特徴は平打ち麺。
有名店が市内に2店舗あるのですが今回は2人で呉龍さんへ。
(私は2、3年前に1回1人で来た。)
開店して直ぐに行ったのですがもう並んでる…。
汗拭きながら(笑)30分程並びました。
d0255750_08443482.jpg

10人ほど入るカウンターが2つの店内。
冷麺ワンタン入り
d0255750_08444083.jpg
常連さんは「レーワンダイ!」とかっこよく注文されてました。
(冷麺ワンタン大)

ペロリと平らげ、ネットでみつけた呉市立美術館の隣、
入船山記念館へプチ観光。


d0255750_08445079.jpg

国重要文化財の旧呉重守府司令官官舎がメインのスポット。
この日は貸切…。
d0255750_08450202.jpg
クラシカルな英国風建築。
d0255750_08451596.jpg
壁や天井には珍しい金唐紙という型押しの技法を用いた壁紙
が貼られてあり優美な雰囲気をつくり出しています。
洋館の他に和館もありました。

隣の民俗資料館では学芸員さん?が金唐紙の説明を詳しくしてくださり
勉強になりました。

近場ですがプチ観光も出来て呉を満喫してきました~。



[PR]
by umenaoyuki | 2017-08-30 09:38 | 旅(おでかけ) | Comments(0)

伯耆大山②

朝早起きして散歩しよう!と昨晩は言っていたのですが
結局、朝食の時間まで寝てました。(笑)
朝食も庭を眺めながらダイニングルームで。


d0255750_11203826.jpg


d0255750_11204727.jpg
パンは5種類もあり食べきれないものは持ち帰り用に紙袋を用意して下さいます。
朝食も美味しくいただきました。


お礼をいいチェックアウト。
ペンションはオープンして38年位とおっしゃってました。
ゆったりと過ごせて良かったです。

昨日行く予定にしていた奥大山近くの木谷沢渓流へ。
駐車場から近くて行きやすい渓流。
ここは宇多田さんが奥大山の水のCMを撮った場所らしく
どんな所か見てみたかったのです。
入口付近に「熊に注意」看板が。
注意って言われても…。

d0255750_11211200.jpg


d0255750_11213144.jpg


d0255750_11214182.jpg
透明な水はこの時期でも冷たーく、少し手をつけただけですが
涼めました。
苔むした石や岩がジブリ感をかもし出しています。

もう少し涼もうと、まきばみるくの里でソフトクリーム。
溶けるの早い!

ペンションから忘れ物のTELがあり取りに行った帰り
近くのパン屋さんが開いていたのでパンをお土産に。

d0255750_11220369.jpg
オシャレなパン屋「小さじいち」さんでした。お客さんひっきりなし。


大山最後はこういう暑い時にオススメの植田正治写真美術館。
以前1度訪れた事がありますが今回また改めて訪れるとイメージが変わり良かったです。

逆さ大山
d0255750_11222565.jpg

まねごと

d0255750_11221587.jpg
(彼は帽子の下でステッキ持って)


お昼ご飯は米子で老舗のカレー屋さんで
d0255750_11223530.jpg
人気店で少し待ちました。
カレーよりお店のおばちゃんのインパクトが強くて
釘付けになってしまいました。(笑)

今度はこのお店近くの大盛り蕎麦やさんも行ってみたいです。
(この日は定休日)


帰りは実家に1泊してコテツと甥っ子に遊んでもらい癒されてきました~。

d0255750_12141480.jpg

d0255750_12144811.jpg

それにしてもどんだけ鳥取が好きなだ、私。(笑)








[PR]
by umenaoyuki | 2017-07-20 12:16 | 旅(おでかけ) | Comments(0)

伯耆大山①

彼が連休ができたとの事で安近短で選んだ鳥取大山へ。
ところが、朝から急遽仕事ができたみたいで出発できたのは
お昼過ぎ…。想定外。(苦笑)
出だしはつまずきましたが、今回がNEW CAR で初めての遠出。
ドライブを楽しみました。

A型の私はしっかりとスケジュールを組んでいたのですが
到着したのは5時前。
時間的に行けるのは寺と神社くらいだな…。と
大山寺とその奥の大神山神社へ。

夕方と言えどもまだ蒸し暑く日差しも強め。
寺までのキツイ坂道に息が切れます。(笑)

山アジサイがまだ咲いてました。
d0255750_08172807.jpg

寺の手前で坂道から脇に入ると石畳の道が続きます。

d0255750_08173964.jpg

d0255750_08175596.jpg

もう参拝客もおらず鳥のおしゃべりと水のせせらぎだけが聴こえます。

d0255750_08180542.jpg

d0255750_08181477.jpg
山からの風が吹き抜け、さっきまでが嘘のように汗がすーっと引いていきます。


d0255750_08183400.jpg


d0255750_08185120.jpg

静寂と石段の重厚感が神社の神聖な雰囲気を引き立てています。
d0255750_08190068.jpg




d0255750_08193026.jpg

帰りは脇道に入ってみると大山をのぞめる渓谷がありました。

d0255750_08194007.jpg
こういう偶然の発見?が得意なのは彼の方です。
私は脇道とか知らないと怖ろしい…。(笑)

大山寺の本堂はもう閉まっているので外見だけ眺めて
宿のペンションへ向かいます。

途中大山の姿を写真に収め高原の空気を深呼吸。
牛ものんびり。

d0255750_08195261.jpg

木陰のトンネルを抜けてペンションにチェックイン時間ギリで到着。

d0255750_08200254.jpg
本日貸切みたいです。
(わーい)

シャワーを浴びて6:30からダイニングルームでお楽しみ夕食。

d0255750_08202168.jpg
食前酒のモヒートはサービスして下さいました。

d0255750_08203156.jpg
シャルドネの白とビールも注文。
(ほんとはアルザスワインを頼んだのだけども…まぁいいかという。笑)

d0255750_08204007.jpg


メインは万葉牛のステーキ
脂身が少なくておいしい!

d0255750_08205815.jpg

逆光で暗いですが…。実物はもっと美味しそうなお肉です。
私150g彼はドーンと250g!
(予約の際に選べました。)
d0255750_08212028.jpg
米も美味しくて(キヌムスメだっけ?)
彼何杯おかわりしたかわかりません…。(苦笑)

d0255750_08210919.jpg


ゆっくり外を眺めながら大満足のdinnerになりました。

露天風呂もあったので入浴。
星見風呂です。
星が綺麗なのは間違いないのですが
夏なので、山なので、外なのでとなると、そう、虫さんが…。
彼が寝間着を着ると「イタ!イタタタ!!」と慌てて服を脱ぎます。
(脱衣所も外)
私も何事かとびっくり…。
見ると脇の所がボッコリ腫れてました…。
何者かに刺されてしまったみたいです。
蜂やムカデではないとは思いますが…。

まぁ、その後のテンションはお察しの通り。

最後だけ可哀そうな1日でした...。






[PR]
by umenaoyuki | 2017-07-19 09:44 | 旅(おでかけ) | Comments(0)

倉敷で煮干しラーメン

倉敷アウトレットへ2人で行ってきました。

買ったもの
彼→NIKEのハーフパンツ
私→なし(笑)

倉敷って何故か月曜休みのごはん屋さんが多く
(大原美術館に準じているのでしょうか??)
その中で目に付いた、煮干しラーメンを目指します。

d0255750_09593297.jpg
煮卵トッピングにしたら煮卵付いてた。(笑)
一口食べると煮干しの出汁、コクがあります。
麺も硬めで好み。
初めて食べたラーメンの感じで美味しかったです。

近くの小豆島ラーメンも気になってたのですがお休み。
またの機会に行ってみたいです。

[PR]
by umenaoyuki | 2017-06-07 10:04 | 旅(おでかけ) | Comments(0)

倉敷途中下車プチ滞在

雪がひどかった鳥取ですが
やっと道が通れるようになったとの事で
木曜からちょっと帰省してきました。

今回はお天気も良さそうなので
倉敷で途中下車。
(滞在時間3時間…笑。)

ここに行ってみたかったのです。
倉敷意匠
d0255750_10263179.jpg

ステキなセレクトでツボな商品多数。

民芸店へ寄ったりパン購入したり久しぶりの美観地区をぶらり。
d0255750_10261768.jpg


d0255750_10262206.jpg


d0255750_10261499.jpg


d0255750_10262715.jpg


d0255750_10260998.jpg


お昼ご飯どうしようかな~と商店街を歩いていると
カレーのいい香りが。
1度通り過ぎたけど香りに吸い込まれるように引き返して入店。

d0255750_10263979.jpg
老舗のカレー屋さんだそうです。倉敷で神戸屋。
レトロでいい雰囲気。

d0255750_10263594.jpg
エビカレーにしました。
スパイスが利きながらも食べやすい。


その後はアウトレットへ。
何も買いませんでしたが。(笑)


こういう途中下車もたまにはありですね。















[PR]
by umenaoyuki | 2017-02-20 10:39 | 旅(おでかけ) | Comments(0)

高知旅

1泊2日で弾丸初高知旅へ!
かなり久しぶりに瀬戸大橋を横断。中学生以来?


d0255750_12030455.jpg
四国へ渡ってせっかくなので丸亀でうどん。

d0255750_12032463.jpg
私はこれまた初の本場香川うどん。
入店してシステムがよく分からずウロウロ。(笑)
やさしい出汁と手打ちうどんが美味しかったです!

また高速へ上がりリクエストの高知市の牧野植物園へ。

d0255750_12034885.jpg

雪割イチゲの群集。
めちゃめちゃかわいい~。

d0255750_12040130.jpg
寒桜の一種?

全体的にやっぱり季節的にこういう色合いだったんですが…。(笑)

d0255750_12041239.jpg

温室は豪華でした!

d0255750_12042327.jpg


d0255750_12045051.jpg


d0255750_12045945.jpg


d0255750_12051165.jpg


d0255750_12052576.jpg
蘭展が週末からあるらしく
職員の方がせっせと植えこんでいました。圧巻の花量。
カフェなどもありステキな植物園です。

近くの竹林寺へ。
四国八十八箇所霊場第三十一番札所のコケの美しいお寺です。
d0255750_12053326.jpg


d0255750_12055486.jpg


d0255750_12060542.jpg


夕飯はメインイベント?の美味しいカツオを食べに
居酒屋さんへ行ってきました。

前日に予約の℡をしましたがギリギリ入れた感じでした。
大将が職人気質らしく気に入らないお客は帰らされるとも
ネットでみたので少し緊張。(笑)
入ってすぐL字のカウンターと二間の座敷。

d0255750_12073411.jpg

メニューはお任せのみで○○は食べれる?と一応聞いてくれます。

お通しは2品。
d0255750_12061609.jpg
天然のカキと白子。うまーい。

天然の地物お刺身。
d0255750_12062745.jpg
緑色のソース初めて食べましたが郷土料理らしくにんにくの葉
だそうです。刺身というよりもお魚ステーキのボリューム。
うまーい。

きました!塩カツオ!

d0255750_12064556.jpg
カツオと言えばポン酢しか食べないですが
高知に来たらこの塩カツオだそうです。
今までのカツオの概念が変わります。
臭み皆無。

次は煮物。(焼き物か煮物か揚げ物で訊かれます。)

d0255750_12065741.jpg
鍋いっぱいのぶり大根。(笑)
養殖じゃないのでぶりが脂っぽくなく食べれちゃいます。

ここでギブするお客さんが半数だそうです。
うちには頼もしい大食漢がいるので無事お寿司に進めました。(笑)
お昼うどんの小にしといてよかった。
d0255750_12070743.jpg
高知の日本酒はさっぱりしていて進んじゃいます。(笑)

カウンターでお客さん同士が話しをしてたりすると大将が
「一緒にきた人同士はいいけど他の客と話したら気ぃ使って箸が止まるけぇ
禁止~」と半分本気半分冗談で言ってました。
美味しいものを食べさせたいという思いが伝わります。
お母さんも温かいしコスパもいいし大満足の居酒屋さんでした~。


翌朝は高知城へ行ってみました。

d0255750_12080806.jpg



d0255750_12081691.jpg


d0255750_12082528.jpg


d0255750_12083645.jpg
歴女だったとしたら…。
高知をきっともっと楽しめそう…。
この方に関しても…。

d0255750_12092044.jpg


d0255750_12093013.jpg
あちらこちらにいらっしゃいます。




ここも有名です。
d0255750_12085095.jpg
お昼から飲める楽園。(笑)
雰囲気だけ覗いてきました。

偶然みつけたかわいいペーパーアイテムのお店。
「paper message」

d0255750_12091003.jpg

d0255750_12085870.jpg
時間を忘れる位居れる…。
高知が本店で吉祥寺にもあるみたいです。
※店内写真可でした

彼も忙しいのでお昼には高知を出発。
弾丸だったけど初高知を満喫してきました~。
またカツオの季節に来てみたいな。


お土産

d0255750_12094160.jpg


d0255750_12094915.jpg

















[PR]
by umenaoyuki | 2017-02-09 13:24 | 旅(おでかけ) | Comments(0)

霊峰 弥山

前々から行きたかった宮島の弥山へ。

途中ロープウェーもありますがもちろん乗りません!
ハァハァ言いながらも自力登山です!
(登山中にすれ違うのは外国の方がほとんどで
日本人はロープウェーでの空中散歩が多いようです。)

宮島と言えば厳島神社ですが(結婚式をした思い出の場所)
その裏にそびえる弥山原始林もまた、世界遺産になっているそうです。
昔から信仰の対象として崇められパワースポット満載。
登山には3コースあり、私達は行きは「紅葉谷コース」帰りは「大聖院コース」
を選択しました。
頂上でお昼も食べて3時間位の道のりでした。
d0255750_13464370.jpg
お天気はまぁまぁ。

撮ってる写真ほぼ逆光。(笑)
d0255750_13465205.jpg
まだ少しだけ紅葉も残ってました。
d0255750_13470025.jpg

登山の入口
d0255750_13470957.jpg

前日の雨で多少滑りやすかったですが
無事頂上へ。
大きな岩がゴロゴロしているのが印象的です。
d0255750_13471823.jpg

展望台は比較的新しく 寝そべれるようなスペースもあり
各々がゆっくりできる建物になってます。
360℃見渡せれる眺望。
コンビニで調達した(笑)おにぎりを食べながら
景色を眺めていると汗ダクだった身体も
気が付けばすっかり冷えてました。

d0255750_13473550.jpg
頂上近くの消えずの火で有名な霊火堂にも立ち寄り下山です。
(火は1200年以上も燃え続けているとか…すご!)
途中の里見茶屋跡からはミニチュアの大鳥居も望めました。

d0255750_13474584.jpg



大聖院の脇を通って登山終了です。
d0255750_13480467.jpg


もみじ饅頭もアナゴも牡蠣も食べませんでしたが…
〆はカフェでお茶して帰りました。
(宮島は素敵なカフェがたくさんあるのです。)
d0255750_13481454.jpg


d0255750_13482354.jpg

何度も行っている宮島ですが
今回は新しい魅力を体験する事が出来
また更に好きになりましたー。






[PR]
by umenaoyuki | 2016-12-06 14:35 | 旅(おでかけ) | Comments(0)

島根旅行②

島根旅2日目。
ホテルの朝食はシジミの味噌汁や
山陰ではおなじみのカレイの干物などがでて
良かったです。
柔らかい朝日を浴びた出雲ドーム。
屋根が彫刻みたいで陰影がキレイです。

d0255750_10091472.jpg


宿をチェックアウトして
日本一のパワースポットといわれている
須佐神社へ。
道中、立久恵峡という景勝地も車窓からみえます。
窓開けると涼しい~。

d0255750_10241069.jpg


神社の裏には1300年級の杉があり そこが1番パワー
を感じる人は感じるとの事です。
d0255750_10093920.jpg


d0255750_10095152.jpg

お参りした後、
駐車場にあった「八雲風穴」という看板が気になり
行ってみることに。
ずっと看板が案内してくれて迷う事なく到着。
石づくりの建物の中に入ると涼しぃ~!
彼大喜び。(笑)
d0255750_10102998.jpg
椅子もあり天然クーラーで暫く涼めて良かったです。(10℃くらい)

さて続いては松江方面へ。
窯巡り2件目。
「湯町窯」
d0255750_10105166.jpg


d0255750_10110172.jpg
こちらはエッグベーカーが有名らしいですが
最近覚えた?スリップウェアを求めに。
たくさんは購入できませんが(欲しいけど…)
少数精鋭で集中して選びました。

ランチは松江のお寿司やさんへ。
予約しといて良かったです。
d0255750_10111865.jpg
安くて美味しいお寿司で満足。

旅の最後は島根美術館へ。
宍道湖を借景にした美術館ということで
1度訪れてみたかったのです。
d0255750_10114599.jpg

d0255750_11004341.jpg
夕日が美しくて有名。
遠くに松江城。
「日本の工芸100年」を鑑賞しました。
d0255750_10113379.jpg
カーブを描いた近代的な建築と松江の風景が調和したステキな美術館でした。


隣の県なので今まで単発で出かけたくらいで(松江まで)
ゆっくり巡ったことがなかった島根県。
見どころ満載の歴史ある魅力的な所でした。
やっぱり山陰ということで私、肌に合うのでしょう。
暑い中運転してくれた彼にも感謝!
(車じゃないと中々難しい所が多かったです)









[PR]
by umenaoyuki | 2016-08-16 11:35 | 旅(おでかけ) | Comments(0)

島根旅行①

家を出たのはなんだかんだで昼前。
奥出雲を目指します。
高速下りる所を1つ間違い少し遠回りしましたが
無事目的地「稲田神社」到着。
d0255750_12290524.jpg


お参りをしてランチタイムギリギリで境内内にあるお蕎麦屋さんへ。
(雰囲気のあるお店は元社務所だそうです)
d0255750_12301240.jpg

d0255750_12292181.jpg


d0255750_12294049.jpg

d0255750_12294932.jpg

d0255750_12295868.jpg

初出雲そば。
仁多米おむすび売り切れで残念。

腹八分目で食後の日帰り温泉へ向かいます。
ドライブ中暑いのは暑いですが奥出雲のキレイな風景に癒されます。

出雲湯村温泉は斐伊川の中流、奥出雲の山里に湧く温泉で
出雲国風土記によれば、古くより「薬湯」と呼ばれる歴史ある
温泉だそうです。
※画像お借りしました
d0255750_12441616.jpg
源泉かけ流しでツルツルお肌に!すごくいいお湯!
オーベルジュなんかもありまたゆっくり訪れたい温泉地です。

次はネットでみつけた奥出雲葡萄園というワイナリーへ。
食の杜(ショクノモリ)というパン屋さん、農家さんなどが数件集合した
一角にあります。
横に葡萄園を臨めます。
d0255750_12302586.jpg


d0255750_12304957.jpg


d0255750_12303881.jpg
ランチもできるみたいです。(気づいた時には満席)
おいしそう…。
ここもまたゆっくり来たいなぁ~。
スパークリングワインと白ワインを購入。
ここではロバ君にも(ちゃん?)会えます。
d0255750_12310200.jpg
わざわざ近くに来てくれて可愛かったです。(笑)
d0255750_12311848.jpg
ちか!
またね~。


奥出雲を満喫し出雲方面へ。
最近趣味になりつつある窯元巡り。
ここは外せません。
「出西窯」
d0255750_13111158.jpg
明治初期の米蔵だという解放感のある建物に器がとても映えます。
d0255750_13114224.jpg


d0255750_13112182.jpg


d0255750_13113212.jpg
1番驚いたのは田舎にこんなに人が訪れて(繁忙期とは思いますが)
飛ぶように器が売れていく光景…。
私も負けずに?戦利品を無事持ち帰りました。

そしてメインの出雲大社へ。
d0255750_13200007.jpg
夕方なので人も多くなく厳かな境内をゆっくりお参りできました。
d0255750_13201274.jpg
大しめ縄はさすがの迫力。


ここで日程終わりでしたがサンセットに間に合うかも!と
日御碕灯台へ足を伸ばしました。
d0255750_13120058.jpg


d0255750_13121347.jpg
間に合いました!
記憶に残るサンセット。
穏やかな日本海です。

出雲駅近くの宿にチェックイン。
夕飯付きです。
d0255750_13410723.jpg
島根和牛のステーキが美味しかったです。

食べたりないので近くの居酒屋さんで今日の〆。

d0255750_13411897.jpg


d0255750_13413151.jpg
大満足の1日目でした。












[PR]
by umenaoyuki | 2016-08-15 13:47 | 旅(おでかけ) | Comments(0)

島根へ

彼がぽろっと3連休取れるとのことなので
一泊二日で島根へショートトリップしてこようと思います。

d0255750_10450512.jpg
私鳥取の子ですが出雲大社へ行ったことがないので
(大抵驚かれます)
そこメインに日程立てました。
安近短はいいのですが急に思い立ったもので
この時期、宿を取るのに一苦労。
(ほんとに無い!!)
さてどうなるかな?(笑)

[PR]
by umenaoyuki | 2016-08-11 10:49 | 旅(おでかけ) | Comments(0)

ケッコンして岐阜1年間→現在広島。のほほん記録。


by umenao