カテゴリ:旅*イタリア( 13 )

イタリア新婚旅行。⑪

いよいよ今日で最終日。
朝早く起きて朝食を済ませ、サンピエトロ大聖堂へ。
朝から入り口は人だかりができてる。
d0255750_10313677.jpg

中に入ると。。。

d0255750_1033777.jpg

d0255750_10333868.jpg

d0255750_10342342.jpg

d0255750_10344691.jpg

d0255750_10351657.jpg

d0255750_10353643.jpg


さすが、カトリック総本山。スケールが違う。。
2人とも口をパカンとあけて上を見上げる。
興奮していた観光客(日本人)が騒いで
教会の人に注意されてた。
気持ちもわかるが、ここは真剣にお祈りにくる
人ももちろんいるのだ。忘れてはいけない。

d0255750_1044567.jpg

衛兵さんの制服もなんとなくオシャレ。

隣のバチカン美術館もみたかったー。と彼。
その場の壮大さに心変わりした様子。
えー美術館興味ないって言ったからプラン
から外したのに。(予約がいるし)
旅行行く前はちゃんと話合うのが大事
だと反省。

今日は天気があまり良くない。
d0255750_1134350.jpg

早めにピックアップをお願いしたので
3時間前には空港に着いた。

免税店を覗いたり軽食をとってユーロを
きれいに使い切る。
d0255750_1154719.jpg

空港のパニーニ。美味しい。
窓の外は土砂降りになってた。
d0255750_1172928.jpg

そう考えると雨が降ったのは最初と最後の日
だけで観光には何の差支えもなかった。
彼が晴れ男のおかげかな?

飛行機はあっという間に関空へ。
(半分寝てたし、行きより飛行時間が短い。)
久しぶりに食べた和食はお好み焼き。(笑。)
イタリアはごはんがおいしいのでこの位の
期間では和食が恋しくなる事は2人ともなかった。

何事もなく?帰ったとそれぞれの親に報告。
私のボロバックも耐えてくれた。

引越しと重なってロクな下調べも出来ずにの
旅となったが自分の行きたいところには行けたし
かわいいB&Bにも泊まれたし思い出になる
新婚旅行になったかな?
1番は新婚旅行に行けた事にありがとうございます!だなぁ。
彼は移動が少々ハードだったみたいで最後の方
は疲れが出てたけど。。
反省点はそのくらいかなー。
私はさらにイタリアが好きになったし。
またいつか行きたいなー。

後日実家から電話が。
父「お前がママに送ったジャムが唐辛子入りだったで!」と。
美味しそうなイチゴのジャム。まさかの唐辛子入り。
ラベルよく見てなかった私のイージーミスだ。
すんません~。
[PR]
by umenaoyuki | 2013-03-21 11:38 | 旅*イタリア | Comments(0)

イタリア新婚旅行。⑩

3.5


朝窓を開けると朝ごはんの支度かどこの家も
もくもくと湯気が。
日本ではあまり見かけない風景。
d0255750_1422694.jpg

下に降りて朝食。
d0255750_1432940.jpg

オーナーが焼いたというパウンドケーキ。
甘さ控えめでおいしかった。
d0255750_1444182.jpg

こんなダイニングセットいいなー。
d0255750_146230.jpg

d0255750_1465048.jpg

宿帳?があったので部屋に戻って書かせてもらった。
d0255750_1481864.jpg

チェックアウトして駅まで歩いてみる。
バスに乗るほどでもなかった。。
d0255750_14115050.jpg

d0255750_14121792.jpg

駅の横の公園に寄ってみた。
なるほど、ここが天空の城と例えられるのもわかる。
d0255750_14172639.jpg

またケーブルカーで降り、鈍行のチケットを購入。
昨日程ではなかったがまた30分位電車が遅れてた。
ほんとよく遅れるわ。
d0255750_14195946.jpg

犬も待ちぼうけ。。

ゆっくりローマのホテルへ戻り、買い物!と街へくり出す。
お昼はまたこの前の「アマルフィ」へ。
この前ピザは食べなかったので注文してみた。
プッタネスカは美味しかった。
d0255750_14335692.jpg

でもピザは。。。
会計のお兄さんがキリのいいとこでおまけしてくれた。
グラッツェ。

歩きまわったけど欲しかったバレエシューズも
見つからなかったしこれと言って欲しいものもない。
買い物はミラノやフィレンツェの方が楽しいかも。
若干ショボーンとなるが彼が新婚旅行記念?に
お財布を買ってくれた。ありがとうー。

夜ご飯はホテルのレセプションのおじさんに
教えてもらった近くのリストランテ「L’eccellenza」へ。
イタリア最後の夜なのでゆっくり飲んで食べた。
ハウス白ワイン1本、シーフードリゾット、
d0255750_1445451.jpg

ペンネアラビアータ、
d0255750_14463942.jpg

シーフードフリット。
d0255750_14471271.jpg

まさかローマでおいしいシーフード食べれると思って
なかったので大満足。
食後はカプチーノ。
食事でお腹いっぱいになるので結局レストランで
ドルチェを注文することは最後までなかった。

バチカンもすぐそこにあるので散歩がてら行ってみる。
d0255750_14534586.jpg

最近ローマ法王を決めるコンクラーベでよくテレビでみた
サンピエトロ大聖堂。このころはまだ静か。
d0255750_14561430.jpg

彼がここは明日、中も見たい!というので朝
空港へのピックアップ時間までに来ようという事に。

私もここはホテルから近いのに見落としてた。(笑)
楽しみー。
[PR]
by umenaoyuki | 2013-03-18 15:09 | 旅*イタリア | Comments(0)

イタリア新婚旅行。⑨

3.4


ホテルで朝食をとる。
トースターが片方壊れててパンを焦がした。(笑)
d0255750_991917.jpg

コロッセオ見学へ。
遠くからでも圧倒的存在感。

d0255750_9114964.jpg

d0255750_9123266.jpg

d0255750_9125697.jpg

警察官カッコイイ。。(パトカーは入れないため馬。)

ローマパスで並ばずすぐ入れた。
目の前に広がる光景に「すごいね。」しか言葉が出ない。
巨大な円形競技場は当時最新の施設で
人力エレベーターや排水システムまであったそう。
今は地下部分がむき出し。
d0255750_928472.jpg

d0255750_9314661.jpg

d0255750_9322528.jpg

d0255750_9333212.jpg

d0255750_9342458.jpg

彼もパシャパシャ写真撮ってた。
すぐそこにはコンスタンティヌスの凱旋門や
d0255750_942651.jpg

フォロロマーノ遺跡もある。
d0255750_9441595.jpg

あまり観光施設でお土産は買わない私も
浮かれてマグネットとノート買ってしまった。

昼からはホテルに荷物を預け1泊、ローマから電車で
1時間ちょっとの町オルヴィエートへ。
テルミニ駅の窓口で結構並んでチケット購入。
(発券機の使い方が分かればなぁ。。)
電光掲示板を見ると乗る電車が遅れてる。
d0255750_100556.jpg

ちょっと地下の本屋やスーパーで時間潰し。
時間になりホームへ行くとまた時間が大幅に伸びてる。。
結局テルミニ駅を出発したのは出発予定時刻
から約1時間半後。。ま、チェックイン予定の15時
には間に合いそう。。
オルヴィエートに着くと駅前のケーブルカーに乗って
上の町まで。そう、高台の町なのだ。
d0255750_1062812.jpg

ツアーの韓国人観光客がたくさん乗ってきて驚いた。
3分で上に到着。
バスに乗り、最初の広場で降りる。
ちょっとだけ迷ったが無事b&bサンタンジェロに
チェックイン。
d0255750_10101349.jpg

若い女性オーナーが笑顔で出迎えてくれた。
日本のサイトから予約したので日本人もよく
泊ってるみたい。
広いお部屋。
d0255750_10141371.jpg

d0255750_10144259.jpg

お風呂にやっと入れる。。
d0255750_10155724.jpg

ジャグジー使い方よくわからなかった。(笑)
壊れてる?(笑)
d0255750_10184191.jpg

インテリア素敵。
窓からの眺め。
d0255750_10201388.jpg

瓦屋根がウンブリア地方という感じ。
まずはおいしいジェラート。
d0255750_1022153.jpg

d0255750_10222884.jpg

ちびっ子嬉しそう。
その前にあるモーロの塔に階段で!登ってみる。
d0255750_10244790.jpg

ウンブリア地方が360度見渡せる。気持ちいいー!
d0255750_1026412.jpg

d0255750_10264434.jpg

時間になると大きな鐘がなる。
d0255750_10275828.jpg

日が沈む頃もキレイだろうなぁ。

町のシンボルドォーモ。
d0255750_10325025.jpg

d0255750_10341356.jpg

d0255750_1035585.jpg

立派。
のんびりお散歩。
イノシシのはく製が迫力、肉屋さん。
d0255750_10382199.jpg

オリーブ木工のお店やおしゃれレザー屋さんでお買いもの。
d0255750_10385319.jpg

d0255750_10392278.jpg

d0255750_10394480.jpg

d0255750_1040847.jpg

d0255750_10403538.jpg

d0255750_10413068.jpg

夕暮れ。
d0255750_10422873.jpg

d0255750_10425115.jpg

d0255750_1043122.jpg

町が赤くに染まっていく。
モーロの塔。
d0255750_10442721.jpg

d0255750_10455077.jpg

荷物を宿に置いて夕ご飯へ。
d0255750_1047279.jpg

今日のレストランは日本から予約しておいた。
「ラ パロンバ」
d0255750_10511537.jpg

トリュフのパスタ。目の前ですりおろしてくれる。豪快!
d0255750_10525384.jpg

d0255750_10531524.jpg

彼はイノシシのラグーパスタ。おいしい。
トリッパ煮込み。
d0255750_1054135.jpg

ワインに合う♡
ステーキの赤ワイン煮込み。
結構酸味が効いてる。肉質は南イタリアで食べた方が
美味しかった。
d0255750_1056187.jpg

野菜の付け合わせ。
d0255750_10574467.jpg

ワインもハウスワインで十分おいしい。
ホロ酔いで宿へ帰る。(道中静か~。)
d0255750_111254.jpg

この辺から帰国を意識しだしてちょっと落ち込む。(笑)
宿も私たちだけなので静かぁ~。
正面の絵が少し恐い。(笑)
d0255750_1141230.jpg

[PR]
by umenaoyuki | 2013-03-17 11:12 | 旅*イタリア | Comments(0)

イタリア新婚旅行。⑧

3.3


今日は快晴。昨日もこの位なら最高
だったのに!
タッソ広場も表情が全く違うし。
d0255750_13131295.jpg

d0255750_13134514.jpg

ホテルの方で景色を眺めながら朝食をとる。
d0255750_13163687.jpg

d0255750_13153548.jpg

イタリアのカプチーノはおいしい。

お礼をいい、チェックアウト。
ソレント駅へ向かう。
ヴェスーヴィオ周遊鉄道でナポリへ。
d0255750_13213712.jpg

d0255750_13223328.jpg

落書きだらけ。(笑)
d0255750_13232760.jpg

海沿いを走るので景色がいい。
d0255750_1324779.jpg


さあ、ナポリだ!という所で今回最大のピンチ!
降りる駅を1つ間違えた!
終点まで乗っていけばいいと勘違い。
1つ手前でおりないといけなかった。
普通の駅ならまだいいが治安の悪い中央駅周辺。
昼間だけど恐かったぁ~。
クラクションの嵐だし、黒人の露天がズラーっと
並んでて、ジャポネー!と言われるし、変なおじさん
がずーっと見てるし。。。
2人とも超早歩きでなんとかナポリ中央駅へ。
ま、後々は笑い話だけど。
ユーロスターのチケット買って駅の中でランチ。
d0255750_13323427.jpg

彼はイタリアでマック。うん、世界共通だ。
私はパニーニ。
d0255750_13332649.jpg

あっという間にローマへ。
駅でローマパスを購入。
これは最初の2つの美術館や博物館が無料になるし、
地下鉄乗り放題となる便利なパス。
いちいち切符を買わなくていいのが魅力的だ。

地下鉄でオッタヴィアーノ駅まで行き徒歩5分程の
「ホテル ディ コンソリ」へチェックイン。
プチホテルだけどなかなかキレイ。
d0255750_13394376.jpg

部屋からの眺め。
d0255750_13402241.jpg

今日のテーマはベタに観光。夜景が楽しみ。
(1人海外旅はあまり都会の夜は出歩けないし。)
ローマの休日~♡
ホテルからスペイン広場方面へ歩いていく。
途中のフェラーリショップ。
d0255750_13464644.jpg

d0255750_1347263.jpg

スペイン広場。人がいっぱい!
スリに注意。
d0255750_1349097.jpg

d0255750_13493036.jpg

美味しいと紹介されてたジェラート屋。
並んでる。。
d0255750_13505977.jpg

日本語があちこちから聞こえる。。
ジェラート美味しー!
d0255750_13514960.jpg


トレビの泉。
d0255750_13563647.jpg

d0255750_1357046.jpg

以前も来たが夜の方がいい。
今回も後ろ向きにコイン投げてきた。笑
途中の教会。
d0255750_13583679.jpg

パンテオン。
d0255750_1359575.jpg

ナボーナ広場。
d0255750_1401247.jpg

d0255750_1403576.jpg

コロッセオ。
d0255750_1414542.jpg

d0255750_14296.jpg

明日は中も見学する。
ホントローマは遺跡だらけで改めてすごい都市だ。
d0255750_1441635.jpg

ローマの夜は美しい。

地下鉄で戻り、ホテル近くの「アマルフィ」という
リストランテへ。
店名からしてどうかと思ったがパスタ美味しかった。
d0255750_1474423.jpg


今日もよく歩いたー。
[PR]
by umenaoyuki | 2013-03-15 14:15 | 旅*イタリア | Comments(0)

イタリア新婚旅行。⑦

3.2


朝起きてすぐカーテンを開けると今日は
雨が降ってる。。残念。
離れのホテルで朝食をとる。
レセプションの昨日のおねえさんが
「今日はストライキがあるかも知れない。
アマルフィへ行ったりするならタクシーが
安心かも。。まずはバス乗り場に行って
訊いてみては?」とのこと。
イタリアのスト情報には注意していたのだが
予期せぬ事態か?と少し落ち込んだ。
もしアマルフィがダメなら今日の予定を
変更しないと。。ポンペイでも行くか?
と考えながらバス停へ。

インフォメーションの人に「今日はスト?」
と訊くと間髪入れず「No!」。良かった~。
明日なども大丈夫だそうだ。
レセプションのおねえさん、何情報だったのかな?
駅の隣のバールでアマルフィ行きの1日
チケットを買い、SITAバスに乗り込む。
d0255750_10534653.jpg

天気は悪いがアマルフィは世界遺産だし
行ってみたかった。今日しかないし。
海沿いの細いクネクネ道を運転手さんの
巧みな運転技術で走り抜けていく。
暫くすると今回は寄れなかったが
ポタジーノの町がみえてきた。
d0255750_1058793.jpg

カラフル。
アマルフィのバス停へ到着。まずはドォーモへ。
d0255750_1103716.jpg

彼はここのドォーモが1番気に入っていた。昔の繁栄
が分かる豪華さ。
d0255750_1154212.jpg

隣の「天国の回廊」にも寄った。
d0255750_1144123.jpg

d0255750_1165213.jpg


レモンチェッロというここの名産のリキュールを買う。(度数30度!)。
入れ物も可愛かった。(タオルミーナの石鹸以来のお土産。笑)

細い横道に入ったところでランチ。
サラダ、ボンゴレパスタ、ピザ。カプチーノ。
d0255750_11102832.jpg

d0255750_11105892.jpg

d0255750_11112057.jpg

パスタは少ししょっぱかったがピザはおいしい。
ここも日本のサイトにオススメとかいてあったので
後から日本人の家族連れが1組いらっしゃってた。

d0255750_11153274.jpg

d0255750_11155720.jpg

d0255750_11163640.jpg

アマルフィからまたバスで30分位の所にラヴェッロ
という町がある。せっかくなので行ってみることにした。
バス停の時刻表が分かりにくかったがこれかなあ?
と確認して、老舗カフェpansaで時間つぶし。
おいしいカフェ。
d0255750_1125815.jpg

d0255750_11253749.jpg

d0255750_11261148.jpg


また運転手にラヴェッロへいくか尋ね、
3回目くらいのバスに乗り込む。
ラヴェッロ行きか訊いたし、降り場で
教えてくれるだろう、とのんびり乗ってた。
人がたくさん降りるバス停があったけど
まだ教えてくれてないし。。と思ってたら
またさっき停まったバス停にもどる。
これはまた戻ってる!と慌てて運転手の
所に走って行き「ラヴェッロ?」というと
運転手は「あっ!」という顔をしてまたさっき
のバス停へ引き返してくれた。その間、他の
日本人カップルがさっきがラヴェッロですよ。
と教えてくれた。(私たちが後ろの席に乗ってたのが悪かった)
お客さんもそれなりに乗ってたのでグラッツェとペコペコ。

トンネルを抜けると町の中心。
シンプルなドォーモ。好み。
d0255750_11584221.jpg


風も強く高台の町なので寒い。
villa rufoloを見学。
d0255750_11395863.jpg

見晴らしがいい。

次のvilla cimbroneに行きたいがためにラヴェッロを訪れた。
細い道を地図通りに進む。
d0255750_11431353.jpg

d0255750_11443050.jpg

入口を抜けると。。
d0255750_11525811.jpg

道が続き、
d0255750_1146490.jpg

d0255750_11463336.jpg

絶景が広がる。
d0255750_11474529.jpg

天気が良かったらナー!
こればっかり言ってた。(笑)
花もたくさん植えられているのでシーズンに
訪れたらもっといいだろう。
けど、来れて良かった。
d0255750_11503838.jpg

d0255750_11505236.jpg

d0255750_1151151.jpg

d0255750_1151444.jpg

見学し終わる頃には閉館の準備。
バスの時間もあるので早めにさっきのバス停へ。

なかなか来ない。寒いし人通りないし心細くなる。
待っている様子をみてタクシーの人
が客引きをしつこくしてくる。
チープチープと一生懸命。時計を
指差しながらバス全然まだ来ないよと。
(時計早めてある?)
彼はその手に乗らないと若干キレ気味。
2人の根比べ。
タクシーの運転手は私たちが諦めるのを
待ってるのかエンジンをかけ始めた。
暫くして、バスが来る。余計なお金を
使わなくて済んだ。やれやれ。

でもこのバスの運転手もまたすごい。
ひげをはやしたおじいさん。
途中でバスを停めて公園の水で薬を
飲んでくるわ、すれすれの道を対向車
とゆずりあえず窓を開けて大喧嘩するわ。
途中から乗ってきた女性のお客さんと
ずーっと喋ってる。ある意味面白かった
けど。イタリア流で。

なんとか無事にアマルフィへ。
乗換して、若干2人ともよれよれに
なりながらソレントに到着。

夜ごはんは昨日のお土産やのおじさん
オススメの「Re food」というリストランテへ。
おしゃれな店内はデート中カップルがたくさん
いる。
付け合わせ。
d0255750_19461081.jpg

クオリティー高い。
サラダ、シャラテッリ(パスタ)
d0255750_19482234.jpg

牛ヒレステーキ
d0255750_1949551.jpg

シーフードフリット
d0255750_19494188.jpg

どれも美味しい!ワインも進む。

天気とバスには恵まれなかったけど
ご飯には大満足なのでよしとするかな~。

明日はいよいよローマ!
[PR]
by umenaoyuki | 2013-03-14 20:06 | 旅*イタリア | Comments(0)

イタリア新婚旅行。⑥

3.1


朝は早めに目が覚める。彼は日の出を写真撮ってくる!
とデッキに行ってた。
暫くして、船乗員が「ボンジョルノ!ナントカカントカ!」
と扉中をノックして歩く。
私はあ~朝だから起こして歩いてくれてるんかな~。と
思っていたら、何周もしてくる。
しかもトントンッというかわいいノックじゃなくドンドンドンドンッ
と。(笑)
どうやら、掃除するから早く出てくれということらしい。
さすがイタリア流。
他の乗客がゾロゾロ廊下を歩く声もしてきたので私たちも
慌ててロビーへ。
パスポートと交換にチェックアウト。
d0255750_11111448.jpg

男性だけ、家族づれなどたくさんのお客さん。

私はちょっと遅れて到着位を想定していたのだが、まさかの
1時間も予定時刻より早くナポリ港到着。イタリアっぽくない。
d0255750_1122562.jpg

早すぎて送迎の人と会えず心細く思っていると、1回聞いた
おじさんが送迎来てるよ、と教えてくれた。
ナポリの街を横目で見ながらソレントへ。途中から海岸線。
今日曇ってる。ソレントはアマルフィ海岸への玄関口。
d0255750_11234230.jpg

予約したb&b「piazza tasso」はタッソ広場からすぐ。
近くの姉妹店ホテルでチェックインして鍵をもらうシステム。
ホテルのおねえさんは日本人の友達がいて、日本にも
行ったことがあると嬉しそうに話してくれた。
表通りのこの戸をまずは開け、
d0255750_1131139.jpg

裏の建物がb&b.
横の家にはレモンやオレンジがたわわになってて、いい香りが。
d0255750_1133336.jpg

d0255750_11334879.jpg

d0255750_11341951.jpg

ベットが4つもある。
d0255750_11353951.jpg

何個か切れてる。笑
日本のあのマンガが!!
d0255750_11363362.jpg

タッソ広場がすぐそこ。
d0255750_11382933.jpg


ランチはあるサイトがオススメしていたリストランテへ。
少し迷った。お土産屋さんのおじさんに訊いたら、
すぐそこにあるが閉まってるかもしれない。もし、閉まっ
てたらその前のお店もオススメだよ。と教えてくれた。
そこも気になったが訊いたお店が開いていたので入店。
スーパーマリオみたい?なおじさんが案内してくれた。
d0255750_114232.jpg

前菜。(魚介盛り合わせ)
d0255750_11405420.jpg

シャラテッリという手打ち麺を使ったこの地方名産のパスタ。
(シーフード)
d0255750_16142941.jpg

うーん。。。なんだか鮮度が。。
彼が頼んだラグーパスタが1番良かった。
(海辺の街で肉ってと思ったがそれも悪くないらしい。
むしろこのお店では正解。)
旅先で食べものを失敗する事程落ち込むことはない。。
気を取り直して街を散歩。
あちこちにオレンジやレモン。
d0255750_11532635.jpg

行こうと思った美術館が冬季休業が明けるのがあと2日後と入口
に書いてある。。
ガイドブックではもう開いてるはずだったのだけど。
今日はそういう日らしい。。

部屋で少し休む都合が寝てた。。
夜ご飯はネットで目星をつけてたところへ。
「リストランテ verdemare」
海岸沿いの坂道を上っていく。対岸にはナポリの夜景も。
結構登ったのでお店の看板がみえた時は安心した。
街からはちょっと離れているが広い店内にはお客さん
それなりにいた。

体格がいいおじさんがpizzaを焼いてる。
首に巻いてるイタリアカラーのハンカチーフがかわいい。
d0255750_1210941.jpg

d0255750_12103156.jpg

d0255750_12105524.jpg

おもしろい。
これだけ見学してなぜかpizzaは注文せずだけど。。
メニューがよくわからない。
白身魚のソテーが食べたかったのでお店のおじさんに
「これはホワイトフィッシュ?」と尋ねるとそうだ。
というので注文。
そしたらイカのソテーが出てきた!確かに白いけど。。(笑)
(そもそも白身魚がホワイトフィッシュではないのだろうけど。)
d0255750_1217963.jpg

あとは、昼に失敗したので魚介のパスタ、サラダ。
彼はヒレ肉のステーキ、フレンチフライ。2人でシェア。
どれも美味しすぎて、食べるのに夢中。ろくな写真がない。(笑)
d0255750_12203780.jpg

明日も来たいくらいだ。
途中からナポリとどこだかのサッカーの試合テレビ中継始まる。
お店の人も真剣にみてる。
帰りの途中どこもかしこも中継に没頭してる様子。ワーワー言ってる。
さすがイタリア、サッカー大国。
みんなサッカーみてるのでタッソ広場も静か。
d0255750_16115711.jpg

[PR]
by umenaoyuki | 2013-03-13 12:35 | 旅*イタリア | Comments(0)

イタリア新婚旅行。⑤

2.28


タオルミーナ最終日。おおまかな予定はギリシャ劇場
とカステルモーラ(高台の町)とこの周辺の観光。裏道
を通って行くと生活感のある風景。散歩だけでも楽しい。

d0255750_1074861.jpg

d0255750_1083892.jpg

d0255750_109319.jpg

d0255750_109548.jpg

アーモンドの木。日本のさくらみたい。
d0255750_10105653.jpg

d0255750_10112677.jpg


最初バス停でカステルモーラ行きのバスを待つが全然こない。
(1時間に1本程度)
来るバス来るバスにカステルモーラに行くのか運転手に
聞いていたので、見かねた近くのタクシーのおじいちゃんが
何処かに電話してくれて時間を紙に書いてくれた。
イタリア語だったがカステルモーラ行きのバスの時刻を
教えてくれたらしい。グラッツェというとウィンクしてくれた。

その時刻をみて先に近くのギリシャ劇場へ行くことに。
ここはシチリア第2の規模の古代劇場。
丘のくぼみを利用して階段状に客席が作られている。
エトナ山、イオニア海が背景に眺められ晴れれば
最高の景色。
夏には夜にバレエやコンサートなどが催されるらしい。

d0255750_10252427.jpg

d0255750_1026638.jpg

d0255750_10272227.jpg

上からの眺め。
d0255750_10265483.jpg

雲がもくもく?これはエトナ山の噴煙。
ときどきゴーっと言って地響きがする。
d0255750_10302985.jpg

今ちょうど活動していてタイミングが悪ければ飛行機
もキャンセルになるそう。。来れて良かった。。。
d0255750_10322568.jpg

あの山の上にカステルモーラ。
d0255750_10342673.jpg

タオルミーナの町。
d0255750_10353563.jpg

満喫。

もう1度バス停へ。
おかしいな。。おじいちゃんの書いてくれた時間になって
るのにバスこない。。。
d0255750_1038767.jpg


おなか減ってきたので近くの「ソラリス」というカフェへ。
ブルスケッタ
d0255750_10393643.jpg

ツナサラダ
d0255750_1040539.jpg

彼の注文のpizza
d0255750_10405441.jpg

どれもボリュームがあり美味しかった。

食べながら「バス来ないし、歩いていく~?」という
話になった。
ちなみにガイドブックには歩いても登れるがバスを
おすすめします。と書いてあるが。(笑)
お菓子やさんでこの地方名産のお菓子「カンノッロ」
を2つ購入。
d0255750_1044594.jpg

d0255750_10453291.jpg

私は美味しかったが彼には不評。

途中アスファルトと土の道に分かれたがなんとなく土の方
を選択。
半分位からは結構な野道だった。誰もいないし。(笑)
d0255750_104944.jpg

d0255750_10502189.jpg

花がたくさん咲いてて気持ちがいい。
d0255750_10531182.jpg

d0255750_10534460.jpg

d0255750_10543725.jpg

d0255750_10553422.jpg

まさか新婚旅行で山登りするとは。。

かわいい教会が町の入り口。
d0255750_1057650.jpg

夏は活気がありそうだが今はとても静かな町。
d0255750_10582543.jpg

d0255750_10585960.jpg

この先には足がすくんで進めない!
d0255750_11041.jpg

上の広場からの眺め。
d0255750_110487.jpg

広場にいると帰りのバスがすぐに来た。
大きな水色のバスだった。
(さっき下ではオレンジ色のバスばかり。)
大きなバスなのに乗客7名。
そのバスの時刻から気が付いたが
おじいちゃんが書いてくれた時刻表は
最初だけタオルミーナ発の時刻で
それから下はカステルモーラからの
帰りの時刻を親切にかいてくれてたみたい。
おじいちゃん、せっかく教えてくれたのにごめんなさい。。。

バスは10分でタオルミーナのさっきのバス停に到着。
カフェで少し休憩。
d0255750_1191414.jpg

市民公園。
d0255750_1110481.jpg

近くの通り。
d0255750_1111146.jpg

乾燥してるので多肉植物が元気!
d0255750_11121161.jpg


夜のカターニア港へのpickup時間が8時なので軽く
バールで食事を取っておく。
d0255750_11141923.jpg

形がかわいらしい名物のアランチーニ。
日本でいうライスコロッケ。揚げたては美味しい。

1時間程b&bのロビーで待たせてもらう。
暖炉が焚いてあり珈琲まで出してくれた。
心も温まる。
彼が「あさげ」をオーナーさんにプレゼント。
試してくれたかな?

初日に送迎してくれたおじさんが再び迎えに来てくれた。
オーナーさんと奥さんにお礼を言い、お別れ。
カターニア港へ。途中、街の運転の荒さに
ヒヤっとしたが、。。。(笑)
カターニアの街は都会。夜は治安が
悪そう。。今シチリアの失業率は深刻で20%
もあるそう。そら治安も不安定になるわ。。

早めにフェリー(tttlines)に乗り込んだのであまりまだお客さんいない。
部屋は(もちろん)個室で取った。バストイレ付。ツイン。
d0255750_11252575.jpg

熱いシャワーも勢いよく出るし、まあまあ。
窓側の部屋を取ったのだけど、なぜか内側の部屋だった。。
まあいいか。
大きな船なのでそんな揺れないと思ったが寝てみると
揺れを感じる。昨日の車酔いも手伝ってまた気分が。。
酔い止め飲む。
彼は何ともないみたいだったが。
それでも気が付いたら朝だった。
[PR]
by umenaoyuki | 2013-03-12 11:51 | 旅*イタリア | Comments(0)

イタリア新婚旅行。④

2.27


朝はエトナ山が鮮明にみえる。カーテンを開けて暫くぼーっと
眺める。
d0255750_10422919.jpg

あっおはよう~。。
d0255750_10434963.jpg


今日は専用車で朝からラグーサ、モディカ、ノートという町に観光に行く。
車でないとなかなか不便な町。(時間もないので効率よくまわりたかった。)
このあたりは世界遺産に登録されている。

タオルミーナからまずは片道2時間かけてラグーサへ。ここは以前雑誌でみて
(フィガロ)一目ぼれ。念願の訪問になった。
運転手さんに道中トイレ行きたいと言えず、着いてすぐバールへ駆け込む。(笑)
日本みたいにさいさいパーキングエリアがない。。
d0255750_105531100.jpg

急いでいても必ず一杯注文がお約束。
最初は大聖堂から。
d0255750_10592229.jpg

d0255750_1101840.jpg

d0255750_110505.jpg

その後は町なみを。ここが雑誌でみた風景。下町エリア。
d0255750_1132364.jpg

夕焼けの時間でみたかったな。中世の町なみ。
サン.ジョルジョ大聖堂。
d0255750_1175861.jpg

d0255750_1184550.jpg

町なみ散歩。
d0255750_1193078.jpg

d0255750_1110264.jpg

d0255750_11111218.jpg

d0255750_11114392.jpg

イブレオ庭園。
d0255750_11122652.jpg

また少し移動してモディカへ。
d0255750_11135422.jpg

ここには有名なチョコレート屋があり、私たちも購入。
「ボナユート」
d0255750_11162792.jpg

試食たくさん!
d0255750_11174066.jpg

白コショウ、とうがらしなど珍しいものも。
乳製品は使用しておらず砂糖のジャリッとした感じが特徴。
パッケージかわいい。
ランチは運転手さんに聞いた安くて郷土料理をだしてくれる所。
d0255750_11225581.jpg

d0255750_11232114.jpg

d0255750_11234193.jpg

d0255750_1124354.jpg

入店は一番のりだったがお店を出る頃には満席。
若干観光客向けのお店だったかな。
(まぁ、私もだけど。。)
その後彼が勢いで入ったバールのアイスが激甘で結構高かった。
ありゃりゃ。ふっかけられた?

最後はノートへ。
ここは5月に花の絨毯祭りで有名らしい。
d0255750_11321175.jpg

町の中心はこのレアーレ門から。
d0255750_11325435.jpg

この坂が花の絨毯で敷き詰められるらしい。
d0255750_11334951.jpg

ベランダの装飾、面白い。
d0255750_11352039.jpg

d0255750_11354032.jpg

d0255750_11361167.jpg

d0255750_11363728.jpg


もう一度気を取り直してホントのジェラート屋さんへ。
d0255750_11383064.jpg

d0255750_1139628.jpg

こちらは問題なかった。

昨日のコーディネーターさんのお話だと今、春で道中はグリーンで覆われ
花も咲いてるけどこれから夏にかけての強い日差しでだいたい枯れて茶色
になってしまうらしい。なのでドライブには今がベストシーズンなのだそう。

タオルミーナへ戻り2日間お世話になった運転手さんにお礼をいいお別れ。

夜ご飯は、朝b&bの奥さんに聞いたグランドゥーカというリストランテへ。
(オフシーズンで目星を付けてたお店がまだやってない事が多く残念。)
2人でシェア。
d0255750_11454236.jpg

ラグーパスタ。量少ない。。。
d0255750_11462177.jpg

pizza。こちらはボリュームあり。
どちらもおいしかった!pizzaはアツアツが美味しい。
今日は2人共ビール。
テーブルのランプ。無表情。
d0255750_1153694.jpg

ここは海に面してガラス張りなのでどうせなら昼に来た方がいいかも。
夜は外真っ暗。(笑)

満月とエトナ山。
d0255750_11552133.jpg


今日は車に長時間乗ってたので少し車酔いする。(子供みたい。。)
酔い止め飲むと後半はずーっと眠かった。。
[PR]
by umenaoyuki | 2013-03-11 10:56 | 旅*イタリア | Comments(0)

イタリア新婚旅行。③

2.26

朝は夜明け前に目が覚めた。カーテンを全開に開けて夜が明けるのを待つ。。

d0255750_15431791.jpg

d0255750_15434299.jpg

d0255750_15442785.jpg

d0255750_1545657.jpg

d0255750_15452038.jpg

鳥の鳴き声が夜明けの合図みたい。たくさんいる。
ベランダからはエトナ山(ヨーロッパ最大の活火山。)と青いイオニア海が一望できる。
このまま絵葉書になりそうな風景。ステキすぎるー。

朝ご飯は大きなテラスのある最上階で。オーナーの奥さんもいらっしゃった。
私たち以外にはもう2組。(総部屋数5)
庭で採れたマンダリンのフレッシュジュースがあったり、ハムもチーズも美味しかった。
d0255750_15585758.jpg

d0255750_15591739.jpg

卓上の花は庭のアーモンドの花。とても甘いいい香り。
テラスでは青く晴れた空に景色が鮮やかに映る。
d0255750_162566.jpg

d0255750_1621852.jpg


ワイナリーツアーまで少し時間があるのでb&bの散策。
ここはタオルミーナのメイン広場からそう遠くない文化遺産のヴィラを利用した
著名人も訪れた宿。家具はシチリア製アンティーク、絵画もたくさん飾られ美術館みたい。
ガーデンも楽しい。
d0255750_1681120.jpg

d0255750_1683768.jpg

d0255750_1684766.jpg

d0255750_1691230.jpg

d0255750_1692013.jpg

d0255750_169412.jpg

d0255750_16951100.jpg

d0255750_16103798.jpg

d0255750_16111523.jpg

ミモザが満開。
d0255750_16115018.jpg

d0255750_16121090.jpg

真ん中が私たちの泊ってる部屋。
d0255750_1612559.jpg

廊下には画集やシチリア関連の本が。
d0255750_16131350.jpg

しゃれてる。。


テレビの時刻とリモコンの時刻をみたら待ち合わせ時間が1時間過ぎてる!
私の時刻合わせ間違えてる?えーっ!と慌てて庭に下りて庭師のお爺さん
や他のお客さんに尋ねると私の部屋のが2つともくるってるのが分かった。
朝から変な汗かいた。
10:30送迎車が来る。今日だけ日本人のタオルミーナ在住のコーディネーター
さんが同行してくれる。(シチリア中のプランはお世話になった。)

イ.ヴィニェーリというワイナリーを訪ねた。ここは昔ながらの栽培にこだわり
本当に作りたいワインだけを作るという希少なワイナリー。そしてそのやり方を
次の世代に伝えていくという明確なビジョンをお持ちのオーナーさん。
試飲だけでなく農園も見学させていただいた。
d0255750_163510100.jpg

日本の雑誌にも載ったそう。
d0255750_16363327.jpg

土造りから始まる。
d0255750_16371475.jpg

他の農園はまだ始動してない中ここはもう動きだしてる。
d0255750_16381936.jpg

1本の木に1本の栗の木の支柱という贅沢さ。全て等間隔。
d0255750_16401637.jpg

年季の入ったブドウの木。

昔使っていた醸造所。(今は法律の関係で売り出しものには使えないらしい。)
d0255750_16434034.jpg

d0255750_1644380.jpg

d0255750_16443324.jpg

樽でかっ!!

一通り見学させていただいて(1時間位)お楽しみの試飲&ライトランチ。
d0255750_164631100.jpg

d0255750_16465479.jpg

3種類のワインを用意してもらった。
d0255750_16473153.jpg

私はあまり詳しくないのでムードを楽しんだ。(笑)
彼はたくさん飲んでた。(笑)
オーガニックにこだわってる栽培家さんらしく料理も素材をいかした力強いもの。
前菜。
d0255750_16504955.jpg

ひよこ豆と豚のスープ。
d0255750_1651942.jpg

アーティチョークのガーリックソテー、オムレツ。
d0255750_16522284.jpg

滋味あふれるメニュー。。

食事しながらワインのことなどとても気さくに話して下さった。
お土産に2本購入。新婚旅行というと1本プレゼントして下さった。
ワインのことだけでなく2人にとって、とても実のあるツアーになった。

コーディネーターさんにお別れをいい、暗くなった町を散歩してみた。
d0255750_1722658.jpg

d0255750_1724393.jpg

ヨーロッパは夜も魅力的。

夜ごはんはそんなにおなか減ってなかったのでテイクアウトでpizzaを。
d0255750_1743860.jpg

d0255750_1744545.jpg

スーパーに寄ったりしたので部屋に着いた頃には冷めちゃった。。
残念。
部屋から夜景をみながら美味しいとは言い難いディナーになった。(笑)
(pizza激安だったけど)
d0255750_1774723.jpg

[PR]
by umenaoyuki | 2013-03-10 17:11 | 旅*イタリア | Comments(0)

イタリア新婚旅行。②

2.25

早起きして新幹線と特急はるかに乗り込み関空へ。
暫く和食も食べれないので、吉野家の牛丼を食べる。

今回予約したアリタリア航空はイタリアとの直行便が運航されている。
それと運賃が安かったので決めた。

でも会社もイタリア気質らしく遅れる、ロストバゲージが多い、などネットでは
あまりいい評判を聞かない。。
ローマでの乗換時間が1時間20分とゆっくりはできない感じなので出発するまで
ドキドキしたが10分遅れで順調に出発。(間に合う~。)
機内食も美味しかった。(さすがイタリア。)
d0255750_22222268.jpg

d0255750_22231657.jpg

d0255750_22233660.jpg

地球がキレイ。
d0255750_22243343.jpg

カターニア行きは日本人はほとんどいない。。いよいよ外国に来た。。とここで実感。(笑)

カターニアに到着し次の心配は荷物が無事に出てくるか。一応カバンのタグに
でっかく「Catania」と書いておいたし。。
便名が書いてあるレーンでカバンが出てくるまで超待たされ、やっと出てきた!
と2人で目を凝らしてみるが全然myバック出てこない。。これはまさか。
と2人で青くなっていると隣のレーンから出てた!なんで?

送迎の人とおちあいベンツ!でタオルミーナの宿まで送ってもらう。
タオルミーナはもう23時半。イタリア初日はけっこうな雨で始まった。
遅くまで待ってもらってb&bのオーナーには申し訳なかった。。
(離れに住んでるらしい。)
早口で宿の簡単な説明と鍵を渡され「ぐっない!」と言われ帰っていった。
イタリア人の英語は聞き取りにくい。。
楽しみにしていただけあってとてもステキなb&b[casa cuseni]
d0255750_22532371.jpg

d0255750_22534154.jpg

d0255750_22534632.jpg

窓からの夜景はうっとりするほど美しかった。

しかし感動を楽しむ間もなく、移動の疲れもあり2人ともソッコーで就寝。
なんとか無事に宿に着いて私、安堵する。
[PR]
by umenaoyuki | 2013-03-09 23:04 | 旅*イタリア | Comments(0)

ケッコンして岐阜1年間→現在広島。のほほん記録。


by umenao